「僕自身もそうだったから」_ラスカル39号

ラスカル39号です。

この度は
おおきな震災で、海岸部をはじめ、たくさんの被災者がでました。

ぼくはあらためて想います。
「がんばってほしい」

”辛い想いをしている方”には、”明るい日が再度訪れる”ことをお祈りします。

僕自身も、様々な人も、
いろんなケースで”辛いおもい”を味わうときがあります。

僕自身は最近、
仕事が忙しく、あまり寝ていません。
集中状態を保って、体調管理してがんばっています。

人は「がんばらなくてはいけない」ときがあります。

いまも多くの報道が”行方不明者”に関する記事を掲載しています。
家族の方、亡くなられた方、行方不明者の方、体は失ったとしても、
いつか”魂”として再会するときが訪れるかもしれません。

いまは辛いかもしれません。それは仕方ありません。
そして、
いずれ「悲しみは薄れてゆく」ことを思い出していただきたいと思います。

亡くなられた方、被災されたご家族の方々へ、ご冥福をお祈りいたします。

ラスカル39号

※ラスカル39号は、岩手県の宮古、宮城県の三陸をはじめ、福島県相馬~浪江、
茨城県の水戸、千葉の九十九里浜まで、たくさんのすばらしい思い出を持っています。

先日、宮城県の塩釜の方まで車を走らせたら、浜周辺の被害の大きさに
”愕然”としました。 いまでも大きな不安を抱えている方へ想いを巡らし、祈ります。
ラスカル39号も「復興」を願ってゆきます。

広告